30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最判平成19年11月8日

キヤノン・インクタンク事件の最高裁判決がでました。

インクカートリッジ:リサイクル品は特許侵害 最高裁判決(毎日)

最高裁HP

でたばっかりですから,ざっとしか読んでませんが,

ーーーー
特許権者等が我が国において譲渡した特許製品につき加工や部材の交換がされ,それにより当該特許製品と同一性を欠く特許製品が新たに製造されたものと認められるときは,特許権者は,その特許製品について,特許権を行使することが許されるというべきである。

そして,上記にいう特許製品の新たな製造に当たるかどうかについては,当該特許製品の属性,特許発明の内容,加工及び部材の交換の態様のほか,取引の実情等も総合考慮して判断するのが相当であり,当該特許製品の属性としては,製品の機能,構造及び材質,用途,耐用期間,使用態様が,加工及び部材の交換の態様としては,加工等がされた際の当該特許製品の状態,加工の内容及び程度,交換された部材の耐用期間,当該部材の特許製品中における技術的機能及び経済的価値が考慮の対象となるというべきである。
ーーーー

という感じなので,本件控訴審である知財高裁大合議部判決(平成18年1月31日)が採用した「消尽アプローチ」ではなく,いわゆる「生産アプローチ」を採用しているように読めると思います。ちなみに,一審の東京地裁判決(平成16年12月8日)が「生産アプローチ」でした(但し,一審では新たな生産への該当を否定して,特許権の行使を否定しています)。


ここでいちおう,一審と本件最判とで,新たな生産(製造)に該当するか否かを判断するにあたり,考慮している要素を比較してみます。

★一審の考慮要素
・特許製品の機能,構造,材質,用途などの客観的な性質
・特許発明の内容
・特許製品の通常の使用形態
・加えられた加工の程度
・取引の実情
     等を総合考慮して判断

★最判の考慮要素
・特許製品の属性(=機能,構造及び材質,用途,耐用期間,使用態様)
・特許発明の内容
・加工及び部材の交換の態様(=加工等がされた際の当該特許製品の状態,加工の内容及び程度,交換された部材の耐用期間,当該部材の製品中における技術的機能及び経済的価値)
・取引の実情
      等を総合考慮して判断するのが相当

という感じで,最判の方がかなり具体化していますが,似てるように思います。

とはいえ,一審は消尽の成立を肯定し,最判は消尽の成立を否定したわけですから,結論は逆になっているわけです。(続きはあとで)
[PR]
by VNTR | 2007-11-08 21:14 | 法科大学院関連