30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

著作権法学会研究大会

標記の大会に行ってきました。大幅に遅刻でした。

14時30分からのシンポジウム「パロディについて」のみ出席。13時30分からの栗田昌裕先生の「憲法による著作権の保護と制約」って面白そうだったのに聞けなくて残念でした。まぁ,そのうちに『著作権研究』(同学会の学会誌)に掲載されると思いますので,そしたら読ませていただきたいと思います。

私は,しがないドメスティック弁護士なのでドイツやフランスの話はよくわかりません……が,「パロディについて」の各国の報告はなかなかおもしろかったです。特に,長塚真琴先生ご担当の「フランス法」は,日本との違いが印象的で楽しく伺いました。


ちなみに,実際に担当している事務所の事案としては知財案件は全然ないです……。知財の件は純然たる趣味だといってよい気がします。もっとも,現在発売中の某雑誌に,一件,著作権事件の某判決について雑文を書かせていただいていたりもしますので,「純然たる趣味」というのは言い切りすぎかもしれませんが。


それ以外は日常業務を粛々と進行中。家事(相続,離婚,親権あたり)と消費者(悪徳商法とか)が割合としては多くて,他に無報酬の弁護団事件とか,国選の刑事とか。外国人の在留事件とか。クレサラも当然あります。


最近読んだ

三雲岳斗 『ダンタリアンの書架5』 角川スニーカー文庫
岡野宏文・豊﨑由美 『百年の誤読』 ちくま文庫
皆川博子 『聖餐城』 光文社文庫
姫野カオルコ 『結婚は人生の墓場か?』 集英社文庫
木本雅彦 『星の舞台からみてる』 ハヤカワ文庫
佐々木譲 『仮借なき明日』 集英社文庫
喜多嶋隆 『美しき敗者たち』 光文社文庫
篠田真由美 『緑金書房午睡譚』 講談社
ロバート・B・パーカー 『われらがアウルズ』 早川書房

以下は漫画

高橋慶太郎 『ヨルムンガンド8』 小学館
柴田ヨクサル 『ハチワンダイバー15』 集英社
入江喜和 『杯気分肴姫 一杯目』 エンターブレイン
入江喜和 『杯気分肴姫 二杯目』 エンターブレイン


文句なく素晴らしかったのは,皆川博子さんの『聖餐城』。ドイツの三十年戦争を舞台にした小説ですが,夢中で読めました。850頁と文庫としてはかなりの厚さですが,読み始めたらとまらなくて,気づいたら明け方でした(笑)。

入江さんの『杯気分肴姫』。向島の居酒屋を舞台にしたもので,出てくる食べ物がことごとくおいしそうです。読んだ後,とりあえず近所の居酒屋に行って酒飲みました。
[PR]
# by VNTR | 2010-05-23 13:24 | 私的記録(日記)

連休中?

連休ですが,連日それなりに仕事もしてます……。したがって,とりたてて面白い話はありません。

そうはいっても,半日で事務所から帰ったりしているので,けっこう休みっぽい感じは味わってます。

某メーカーのファミリーセールにいって,スーツ買ったりもしましたし。

睡眠時間も普段より格段に多く確保できているので,身体的に相当楽です。


今日は,ようやく仕事用の携帯番号を確保しました。

基本的に依頼者とか関係者には事務所の番号しか教えないのですが,最近,どうもそれでは不便なことが増えてきていたので。

まぁ,携帯番号分けたからといって,携帯番号を安易に教えていいわけじゃないとは思いますけど……。

修習先の先生は,IP電話の転送システムみたいなのを使ってました。携帯からかけても,相手方にはIP電話の番号が通知されるみたいでした。相手方が表示された番号にかけると,携帯ではなく,事務所につながるしくみになってるようでした。

そんな複雑なのは無理なので,ふつうに一台の携帯に2つめの番号を追加できるサービスを利用することにしました。



最近読んだ。

佐藤賢一 『アメリカ第二次南北戦争』 光文社文庫
森博嗣 『ゾラ・一撃・さようなら』 講談社ノベルズ
川上弘美 『パスタマシーンの幽霊』 マガジンハウス
遠藤明範 『攻殻機動隊 灼熱の都市』 講談社マガジンノベルス
志藤絢 『Sky きみの生きるせかい』 ガンガンノベルズ

(以下は漫画)
渡辺ペコ 『にこたま1』 講談社
CLAMP 『xxxHoLiC17』 講談社
COCO 『今日の早川さん3』 早川書房
中島徹 『玄人のひとりごと9』 小学館


佐藤賢一は,面白かったですが,期待したほどでは……。けっこう好きな作家なので,期待しすぎたかも。
川上弘美は,あいかわらずよかったです。好きです。
志藤絢は,新人らしいです。ありがちな(申し訳ない)ストーリだと思いましたが,キャラの魅力でけっこう楽しく読めた気がします。
渡辺ペコは,よく見かけるけど,はじめて読みました。好きな絵柄だし,話もよかったです。主人公のひとりの職業が弁理士ってのは珍しいのでは。依頼者(エロアイテムの発明者)との打ち合わせシーンがあるのですが,弁護士の打ち合わせと似た感じで面白かったです。どうして弁理士を選択したんでしょうか。今後が楽しみな感じです。
[PR]
# by VNTR | 2010-05-03 17:26 | 私的記録(日記)
更新期間があいてしまいました。

ここしばらく,けっこう厳しい状態だったので。

平日は24時30分の終電に激走してぎりぎり飛び乗って帰宅するのが通常。タクシーで26時とか27時に帰宅するというのも,ちょいちょいありました

とか書いていると,すごーーくたくさん仕事してるのかっていう感じがしますが,それは全くの間違いです。単に仕事が恐ろしく遅いだけです。ナメクジより15倍くらい遅いです。

……自分で書いていて,とても哀しい感じです。


で,今週末は2日間にわたって大がかりな刑事の研修があったのですが,中年男の体力の限界点をめちゃくちゃ感じていたので,1日だけ参加して,2日目(今日です)はさぼって家で寝てました。


……えーーと,昼過ぎに起きて,若干家の片づけをしたところです。やや生き返りました。


ほんとは泊りがけの研修なんです。でも,場所が家の近くなので,泊まらずに家に帰るという選択肢をあらかじめ選んでいたんですよ……。泊まっていたら否応なく2日目も参加だったと思いますが。

まぁ,今日も事務所に出勤しないとまずい感じなんですよね……家でブログ書いている場合じゃなくて。もうちょっとたまった家事をやってから,事務所に行くか,今日は休んで,明日出勤して二倍(自分比)の早さで働くってことで,自分を説得するか……。



ちなみに,労働時間がかなり長くなっているのも事実ですが,体力が圧迫されているのは,27時に帰宅したときでも,寝るまでになんかしら小説本を読まずにはいられないという自己抑制能力欠如によるところが大きいです。寝るのが29時とかになりますから。

ということで,最近読んだ仕事以外の本。

遠藤周作『王妃マリーアントワネット 上下』新潮文庫
益田ミリ『最初の,ひとくち』幻冬舎文庫
森博嗣『λに歯がない』講談社文庫
佐藤隆介『池波正太郎直伝 男の心得』新潮文庫
ブランドン・サンダースン『ミストスピリット2試されし王』ハヤカワ文庫
桜庭一樹『GOSICKs 春来たる死神』角川文庫
吉野匠『レイン3シャンドリス,侵攻す』アルファポリス文庫
リシェル・ミード『ヴァンパイアアカデミー1』ソフトバンク文庫
リシェル・ミード『ヴァンパイアアカネミー2』ソフトバンク文庫
茅田砂胡『大鷲の誓い』中公文庫
雪乃紗衣『彩雲国物語 蒼き迷宮の巫女』角川ビーンズ文庫
さくら剛『インドなんてもう絶対に行くか!なますてっ!』PHP研究所
高千穂遥『ダーティーペアの大帝国』ハヤカワ文庫
門井慶喜『おさがしの本は』光文社
三浦しをん『天国旅行』新潮社
近藤史恵『エデン』新潮社
榊一郎『神曲奏界ポリフィニカ クリムゾンS6』GA文庫
北森鴻『うさぎ幻化行』東京創元社
北方謙三『ふるえる爪』光文社文庫


たまっているので,コメントが困難ですが。

遠藤周作は,非常に面白いですが,ちょっと古い感じがするのは否めません。先入観ですかね。
森博嗣作品は,ちょっと久々。最近読んでなかったのですが,読めば相変わらず面白いです。
佐藤隆介の本は,時間の無駄に限りなく近かった。
さくら剛は『三国志男』以来2冊目。なかなかいいです。好きです。
近藤史恵は,ベストセラー『サクリファイス』の続刊。素敵です。続刊楽しみです。

白眉と思ったのは,門井慶喜。図書館のレファレンス・カウンタを舞台にした連作ミステリ。予算削減のあおりで,図書館自体が存続の危機に陥って,主人公が地方議会の委員会で「図書館の存在意義」について述べるシーンがあるのですが,とても興味深く読めました。最近,入手困難な専門書を借りたりする以外では図書館を利用していなかったのですけど(小説等は読みたいものはすべて購入しているので),小中高時代はお金がなかったので,ずいぶん図書館のお世話になったのを懐かしく思い出しました。上記の中で唯一,二回読んでしまいました(笑)。

北森鴻……亡くなってしまいました。ほんとーーーーに残念です。冬狐堂とか,蓮丈那智とか,もう新作を読めないのかと思うと涙が出ます。大変な損失だと思います。絶筆となった未完の小説も刊行されたようですね。
[PR]
# by VNTR | 2010-04-24 16:13 | 私的記録(日記)

日が長くなってきた

徐々に日が長くなってきた感じがします。

3連休も今日で終わりです。今日は昼まで寝ていたので,近所のカフェに行って朝昼兼用ご飯を食べて,家事雑務をしたところで,いまの時間です。

これから出勤するか迷うところ。明日の朝いちで送らないとまずい起案があるので。記録を念のため持ち帰ってきたので,自宅でやってもいいんですが……。

ちなみに,おとといの土曜は,朝から研修。終わった後事務所で終電まで仕事してました。きのうは,事務所にはいきませんでしたが,被疑者国選の関係で人に会いに行ったりしてました。

最近はちょっと精神的に疲れ気味です。


忙しいせいか,軽いものしか読めなくなってます。

仁木悦子 『猫は知っていた』 ポプラ文庫ピュアフル
三雲岳斗 『ダンタリアンの書架1』 角川スニーカー文庫
三雲岳斗 『ダンタリアンの書架2』 角川スニーカー文庫
三雲岳斗 『ダンタリアンの書架3』 角川スニーカー文庫

仁木さんの本は,ポプラ文庫での復刊2冊目。『猫は知っていた』の初出は1957年(講談社)。乱歩賞受賞作。有名な作品なので,作品そのものはコメント不要かと。背景的な時代風俗に着目しいている大矢博子さんの巻末解説が,私の楽しみ方と共通する内容で面白かったです。

ダンタリアンの方は,本を巡るストーリになっているところが気に入りました。
[PR]
# by VNTR | 2010-03-22 16:06 | 私的記録(日記)

レンピッカ展

美しき挑発―レンピッカ展@Bunkamuraザ・ミュージアム に行ってきました。

b0028244_2352786.jpg



なかなか面白い展示でした。個人的には,宗教的な影響があったりする後半の作品よりも,勢いと自信と驕りの感じられる絶頂期の作品が好きです。

展示をみていて,なんだか妙に東郷青児を連想しました。

……なんで? 女性の肖像画が多いからですかね。帰ってから並べてみたのですが,並べてみると別に連想しなくていい気もしました(意味不明)。


Bunkamuraに行くと,わりと『くじら屋』でランチを食べることが多いのですが,今日はすごく混んでいて(並んでいるようでした)断念しました。


朝日新聞の3月14日付社説クジラ摩擦―食文化の対立にするなでは,

「そもそも日本人はたいして鯨肉を食べていない。鯨と関係の深い食文化を持つ地方は別だが、各種の調査によると国民の平均的な消費量は、牛肉や豚肉、鶏肉の100分の1以下の水準だ。たいていの人は年に一度とか数年に一度味わうだけだろう。」「実際にはあまり食べていない日本人が鯨食を日本の食文化だと言いつのる。それは奇妙な光景である。」

だそうですが,少なくても私に関して言えば,けっこうな頻度で鯨肉を食べてます。缶詰とかもありますし。正直,わりと好きです。

某巨大掲示板で書いているひとがいたのですが,歌舞伎とか相撲とかだって,見たことない人いっぱいいるけど日本の伝統文化といわれて否定されないのでは……という指摘には,なるほどと思いました。私の場合,浅学非才にして無教養なので,歌舞伎やら能やら文楽とか柔道とか……ほとんど見たことがありません。

まぁ,だからといって,鯨食を文化だと強調してほしいってわけでもないような……。

………や,意味はありません。



それにしても,今日は渋谷まで自転車で行ったのですが,渋「谷」だけあって,坂が多くて疲れました。最近,運動不足だったので,ちょうどよかったのかもしれません。


最近読んだ。

米原万里『終生ヒトのオスは飼わず』文春文庫

『ヒトのオスは飼わないの?』の続編などが収録されている。この作者のエッセイにはずれはないですね。
[PR]
# by VNTR | 2010-03-15 00:38 | 私的記録(日記)

決別の海など

しばらく間があいてしまいました。

この前から書いてますが,淡々と仕事しているだけなので,書くことがありません。受任している事案については書けませんしねー。


風呂でよく雑誌を読んでます。

このまえ,3月8日号のアエラを読んでいたら,「日本の科学誌が消える」という記事が載ってました。このブログでも書いた気がしますが,PNE(蛋白質核酸酵素)の休刊をメインにした話でした。「日本語の科学誌が必要」みたいなことが結論でしょうか。

えーと,非常に他人事のような感じの書きぶりの記事でしたが,科学朝日(サイアス)を廃刊にしたのは誰だったのかと……。まぁ,いいんですけど。この記事を書いた記者は,科学朝日を知らなかったんじゃないでしょうね……。


最近読んだ。

田中啓文『ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺3』集英社文庫
マイクル・Z・リューイン『刑事の誇り』ハヤカワ文庫
ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊5』ハヤカワ文庫
ロバート・B・パーカー『決別の海』ハヤカワ文庫
桝田省治『ジョン&マリーふたりは賞金稼ぎ』ハヤカワ文庫
中野ジロー『歌舞伎町チンピラのココロエ』第三書館
門井慶喜『天才までの距離』文芸春秋

ロバート・B・パーカー。なんと追悼になってしまいました。すごい好きな作家というわけでもなかったのですが,出ればつい読んでしまう作家でした。『初秋』とか『晩秋』とか。なにより,チャンドラー好きなので『プードルスプリングス物語』(好き嫌いはあるところでしょうが)のインパクトは忘れられません。大変に残念です。
[PR]
# by VNTR | 2010-03-09 02:07 | 私的記録(日記)

淡々と

淡々と仕事してます。

このところ,帰宅が遅くなり気味なので,個人的にはネット滞在時間がゼロに近い日が多くなってます。

仕事中には,判例とか調べ物とかでそれなりに使ってますけど。


昨日(土曜)は,朝から研修でした。昼に,弁護士会館の目の前にある公園に行ったのですが,梅がきれいに咲いてました。もう2月も下旬ですからね。


このところ,休みの日でも,多少は出勤していることが多かった(昨日も研修の後,夕方から出勤していた)のですが,最近疲れがたまり気味だったので,今日は完全に休みにしてました。

だいぶ疲れが取れた気がします。


「引退後は農業やりたい」=鳩山首相

支持率も下がってきたし,首相もストレスで疲れ気味なんですかね……(笑)。



それにしても運動不足ぎみです。

事務所も自宅も駅のすぐそばですし,通勤時間も短く,裁判所も近く……だとホントに運動しません。

帰り道を電車に乗らずに歩いたりもしてますが,零時過ぎにだらだら歩いていると,やっぱり寒いですし,何より眠いです。




喜多嶋隆『さよなら,湘南ガール』角川文庫
ブランドン・サンダースン『ミストスピリット 1遺されし力』ハヤカワ文庫
門井慶喜『天才たちの値段』文春文庫

を読みました。このところ,仕事の関係で法律書を大量に購入して,そっちばかり読んでいるので普通の本に割ける時間が減少気味です。


『ミストスピリット』はシリーズものの第二部。第一部(ミストボーン)に続いて非常に面白いです。続巻が待たれます。や,本当に早くお願いします。

『天才たちの値段』は美術ミステリ。北森鴻の冬狐堂シリーズ(大好きです)を連想させます。個人的には,「もし贋作なら,見た瞬間,苦味を感じ,本物なら甘みをおぼえる」という特殊能力の設定は,リアリティの関係で受け入れがたく,やや抵抗があります。しかし,全体としてはとっても楽しく読めました。『天才までの距離』というシリーズ第二弾が単行本で出ているようなので,見つけたらぜひ購入したいと思います。
[PR]
# by vntr | 2010-02-21 23:58 | 私的記録(日記)

痩せた

なんだか最近少し体重が落ちてきました。

祝日ですが,ちらっと出勤しました。

結局,普段の日って,依頼者とあったり電話対応したり裁判所いったりしているうちに日が暮れてしまいます。

調べ物が必要だったり,まとまった起案をしたいときって,休日にやるしかないような……。



事務所にロー生が来てます。そういえば,私もロー生のときに,某法律事務所でお世話になった気がします。

ロー生にとっても,就職問題は大きな関心らしいです。


ローといえば,姫路獨協大丈夫なんでしょうか。

法科大学院の合格者ゼロ 姫路獨協大、募集停止を検討


――
同大によると、入試は1月末に行われ、20人を募集。3人が受験したが、合格基準に達した人がいなかった。23年度以降の募集停止についても「経営サイドと文部科学省と協議のうえ検討する」としている
――

3人でも入試は実施するわけですね……。もし合格者1名で,その人が入学したらどうするんでしょうか。ロー在学中はずっとマンツーマン教育……。


支倉凍砂 『狼と香辛料ⅩⅣ』 電撃文庫
山田真哉 『フラン学園会計探偵クラブReport1』 角川文庫
大道珠貴 『東京居酒屋探訪』 講談社文庫

を読みました。大道さん,飲みすぎでは……。楽しそうですけど。
[PR]
# by VNTR | 2010-02-11 23:59 | 私的記録(日記)

新井素子さん

土曜ですね。

昨日は,民暴系の事案対応があって非常に疲れました……。

このまえちらっと書いてましたが,先日,新井素子さんのトークイベントに行ってきました。

「大森望のSF漫談」VOL. 5 ゲスト:新井素子さん

懐かしい話がいろいろと……。77年デビューだそうなので,30年を超えるんですねぇ。

私がはじめて新井さんの作品を読んだのは,『…絶句』だと思います。ハヤカワ文庫の新刊で平積みになっているのを購入した記憶があるので,87年ですか。

現在「日本SF作家クラブ」の会長なんですね。どうも新井さんって,若いイメージがこびりついているので,意外でした。

で,めでたく新刊『もいちどあなたにあいたいな』にサインをいただいて帰宅しました。しかも謎に一冊の本に2か所もサインをいただくというイベント付きで。

b0028244_12585912.jpg

[PR]
# by VNTR | 2010-02-06 13:00 | 私的記録(日記)

マッキアイオーリ

日曜ですが,出勤です。ちらっとですが。

そのあと,庭園美術館にいって,「マッキアイオーリ展」を見てきました。

b0028244_234155.jpg


(以下リンク先より)
――
イタリア語で「マッキア派の画家たち」を意味する“マッキアイオーリ”とは、1850年代から60年代にかけてフィレンツェを中心とするトスカーナ地方で活躍した、先鋭的な画家たちのグループの呼称です。フィレンツェのカフェ・ミケランジェロに集ったジョヴァンニ・ファットーリやテレマコ・シニョリーニ、シルヴェストロ・レーガといった若き芸術家たちは、伝統と因習にこだわるアカデミスムの絵画に対して反旗を翻し、「マッキア(斑点)」を使用した新たなスタイルを生み出しました。
――

だそうです。

あまり期待しないで行ったのですが,とてもよかったです。不勉強で,行くまで「マッキアイオーリ」という画家がいるのかと思ってました……。

庭園美術館での展示だったのも良かったように思います。アールデコの展示室と,光陰の絵がよくマッチしていました。

出勤した後に行ったので,時間がぎりぎりでゆっくり見れなかったのが残念です。もう一度行きたいですが,いけるかどうか。


新井素子 『素子の読書アラカルト』中公文庫 を読みました。

新井素子さんって,高校生くらいのときによく読んでました。「星へ行く船」シリーズとか,『……絶句』とか,『結婚物語』とか,なんだか大変懐かしい感じです。個人的には,小説よりもエッセイの方が好きかも。温かい感じがして。

久々に読んだなーと思っていたら,うちの近所でトークショーを近々やるみたいです。いちおう予約してみました。なんとかその日は仕事を早じまいして,行ってきたいと思います。
[PR]
# by VNTR | 2010-01-31 23:59 | 私的記録(日記)