30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春期講習

春期講習進行中です。

高3のクラスなんかは全然問題なく進行しているのですが,某予備校の場合,高1,2年向けの混合クラスが設定されていて困惑中。

なにせ,高2の多くは昨年度1年間化学を学習済みなわけですが,高1は全くの未履修者ばかり……。いまは中学で教える化学の内容が,かなり縮減されているので(なにせイオンすら教えない),未履修者の場合,実質的に化学の知識はゼロと考えたほうが妥当な感じです。

この両者の混合クラスで,高1にわかるように進行すれば,高2が退屈し,高2向けのレベルで進行したら高1にとっては完全に意味不明なのは明白。

少子化の関係もあって,全体に受講生徒数は減少傾向にあるようなので,選択科目の場合にはレベル別クラスを設定するのに障害が生じていることは確かでしょうけど,せめて未履修者と既習者を区分するクラス設定になりませんねぇ・・・・。
[PR]
by VNTR | 2007-03-29 03:24 | 大学受験予備校関連

訃報続く

渡辺格先生死去

日本の分子生物学の始祖。

最初の勤め先で改訂を担当していた本の監修者の1人でした。利根川進〔ノーベル賞受賞者〕の京大時代の指導教官で,『精神と物質』利根川進・立花隆,文藝春秋)にも京大時代のエピソードが登場しています。

最初の勤め先で,(その話の担当は私ではありませんでしたが)全集というか著作集を出させていただこうという話があって,古い雑誌原稿や論文などを一括してお預かりしていたのですけど,いまだ出版されていません……。気になります。


香城敏麿先生

最後は獨協ローの先生をされていたのですね(知りませんでした)。ローの学生ならどこかで必ずお名前を目にする先生ではないかと思います。「訴因制度の構造」(判時掲載の論文)を最近拝読したばかりでした。
[PR]
by VNTR | 2007-03-27 02:52 | 私的記録(日記)

還元水

なぜか非常に忙しいです。。。

某所のテキストを全面改訂中なのですが,ものすごい時間かかってます。気軽に全面改訂なんていわずに,一部差し替え程度にしておけばよかった。現在完成度40%程度です。


ところで,松岡農水相の光熱費の件ですが,お金の問題以前に気になるのが「還元水」です。

「還元水」なるものの定義がまるで不明なのですが,ネットで若干みてあるいた範囲では,還元力のある水(酸化還元電位が負の水)を指すような感じに見受けられます。

天然ミネラルの場合は,活性水素が含まれていると称するタイプのものであり,浄水器というか人工的な手法で生成する場合には,通常の水を電気分解して得られる陰極側の水をいうような感じです。


還元力があると何がいいのか? というのは当然,老化や病気の原因である活性酸素対策ということになるようなのですねぇ。アンタイエイジングですかねぇ。


あまりここでは深入りしませんが(その能力もないのですけど),「還元水」って,いわゆる正統的な研究者からはトンデモ扱いされているものではないでしょうか?

たとえば,こことか,こことか。


いわゆるトンデモ科学ものについては,去年でしたっけ? 日本物理学会がニセ科学についてのシンポジウム(ここ参照)を開催して話題になりましたが,Newsweekの日本版も最近特集してましたし(ここ参照),新聞関係でもいろいろ記事が出ている気がします。


要するに,(以前から頑張って指摘されている方もいたわけですが)社会的にもニセ科学について関心の高まりつつある状況で,現職の,しかも食品行政にかかわる省の大臣が,その科学的正当性に疑問があると考えられる還元水を,愛用しているととられるような発言をしていることが気にかかるという話です。


還元水のセールスとかで,

「松岡大臣も使用されているんですよ!」

とか売り文句になってないことを祈りますが(笑)。
[PR]
by VNTR | 2007-03-15 01:32 | 科学関連

3月

だいぶ更新してませんでしたが,大丈夫。なんとか生きているようです。

1月末以降に何をしていたかというと,2月上旬は大学院の期末試験の勉強(をしていたはず)。2月下旬は期末試験期間。

で,大変遺憾なことに民訴が追試になってしまったので,3月6日に追試を受けてました。


とりあえず紆余曲折ありましたが,単位はそろって進級できる見込みです。

紆余曲折って,民訴ですよ民訴。非常に危険だったわけです(苦笑)。ええ,とっても。電話かかってきましたし。不可確定の引導を渡す連絡なのか!? と思って正直腰が(というよりむしろ魂が)抜けかけましたが(合掌)。

というわけで,民訴の先生の携帯番号をゲットしてしまいました。……さっそく追試にされた恨みを怒濤のイタ電ではらしたいと思います(嘘です)。



とりあえず月末までは授業がありません。

予定では,民訴と刑訴を勉強しつつ,懸案であった著作権法をやっつけようかと愚考しています。そーいえば,タイムリーに世間でも歌詞の同一性保持権でもめているようですが。

しばらく超忙しいわけではないので,頻繁に更新される見込みです(信用できない)。
[PR]
by VNTR | 2007-03-08 01:32 | 法科大学院関連