30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

追試……

刑法(総論)の追試受けてきました。

たぶん,不可で再履修だと思います……。まぁ,今回の追試の答案の出来であれば,どういう結果になっても文句のいいようがありません。完敗です。

私が籍をおいているローは,6単位(刑法総論は2単位)までは落としても,いちおうは進級させてくれるので,大丈夫だと思うのですが,頭がいたいです。


どうも刑法はダメですねぇ……。1年のときから成績悪いですよ。


新司法試験(第1回)の発表がありましたが,追試で死んでる場合じゃありませんねぇ。定期試験で苦心しているようでは,到底,新司に通りませんから……。

大学別の合格率も話題になっているようですが,私が籍をおいているローは,いちおう平均以上の結果だったようです。

まぁ,大学ごとの合格率が気にならないといったら,嘘ですが,結局試験は1人1人の個人の問題ですからね。合格率のよいローにいても,自分に力がなければ落ちてしまうわけで(あたりまえですが)。

私の場合,このままだとかなり(非常に)厳しい状況だと思います。頑張らないと。

……とりあえず,禁酒しろっていう声が激しく聞こえてきますが(笑)。あと,仕事を減らせっていう声も聞こえなくはないです。


参考 第1回新司法試験の結果については以下を参照(法務省サイト)

平成18年新司法試験の結果
[PR]
by VNTR | 2006-09-22 15:57 | 法科大学院関連

ついしついしついし

追試になってしまいました>刑法(総論)

↓のエントリでも書いたのですが,自分の手応え的にも出来が悪かったので,やむをえない面があります。

しかし,一番長時間を割いた科目が追試になるなんて……シクシク。

(この数日のんびりしようと思って実家に帰っていたのですが)

クヨクヨと嘆いていると,親がひとこと


30過ぎて,追試がどうこうって……つくづく幸せだねぇ……あんたは。


……そ,そうでした。すいません。歳をわきまえます……(トホホ)。

えー,でも追試やだなぁ。
[PR]
by VNTR | 2006-09-14 01:35 | 法科大学院関連

記憶障害

朝,目が覚めると,床でした(フローリング)。

なぜかベッドの上には,部屋においてある法律書が等間隔できっちり並べておいてありました。


……寝る前にいったい何をしていたのだ? >自分


呑みすぎたらしく記憶ありません。

まぁ,記憶がないのはちっとも珍しくない(というか私は呑むと3割くらいの確率で記憶がなくなるタイプで,試験前などを除くと毎晩欠かさず呑むので,3日に一度くらいは記憶がないのだ)。

そうはいっても,こういう解釈に困る行動は止めてほしい……。ほんとに。
[PR]
by VNTR | 2006-09-10 04:22 | 私的記録(日記)

試験おしまい?

昨日で,いちおう試験日程を終了しました。
現在は追試の連絡待ちです。はやくハッキリして欲しい……。

ここで試験の詳細を書いてもつまらないのですが……自戒をこめて少しだけ。



刑法(総論)
いろいろ考えてみるにつけ,かなり深刻にまずい答案だったように思います。
今回の試験では一番勉強時間を多く割いた科目なだけに,激しく「がっかり」です。

主に,基本書と判例を読んだだけで,演習が不足だったのが敗因でしょう。
演習は木村光江先生の『演習刑法』をやった程度でした……。あの本って,問題
数が少ない上,設例(判例ベース)がローの演習としては簡単なんですよね……。

よかったのは,以前に買って放置していた『新実例刑法』を少し読んだところ,
以外に面白いということを発見したこと。追試待ちの間に,とばしたところを読み直
すといいかもしれないと思ってます。





疲れました…。あまり寝ていなかったので,今日は終日寝ています。
[PR]
by VNTR | 2006-09-07 19:56 | 法科大学院関連

前期試験ひとつめ

9月に入ったので,夏仕様の沖縄スキンをやめました。

というか,そもそも自習室寒すぎです。いつもいつも……。まぁ,通風口の真下に陣取っているのでしかたのないところもありますが……。むしろ気分的には,冬のスキンを使用したいくらいですよ。

今日は自習室だけじゃなく,試験を受けていた部屋も寒かったです……。会社法のときは,まともに冷風を受けてしまい,凍えかけてました……。

や,それに加えて試験のできぐあいも,はげしく寒いわけですが……。いや,この答案を採点させられる先生も寒いのだろうなぁ……。すいません,ふできな学生で。。


ところで,最近妙に「実年齢より若いですね〜」といわれることが増えてきたような気がします。はじめは本気にして喜んで(?)いたのですが……

むしろ,「若いといっとけば,とりあえずお世辞になる」と(実際に若い人々に)判断される歳になってしまっただけ,という気が……。

精神年齢は非常にお若いわけですが。これは間違いありません。

でも脳年齢はかなりお年です。ちっとも覚えられません。。。呑み過ぎかもしれません。
[PR]
by VNTR | 2006-09-01 21:23 | 法科大学院関連