30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

前半終了

先週金曜の会社法,月曜の契約法,火曜の物権法と終わって,中間試験も前半は終了です。

民事実務基礎の課題はいちおう済ませたので,現在かかえているのは,刑法と労働法のレポート,憲法と行政法の中間試験といったところでしょうか。


先日ちょろっと書いた,科学論文の不正の件で,雑誌『化学』(6月号,化学同人)の特集記事を読みました。

アメリカには,PHS(公衆衛生庁:生物系で幅広い資金助成をしている)が,ORI(Office of Research Integrity:研究公正局)という組織をおいて,研究活動の不正行為を監視・公表・制裁する活動をさせているようです。

このORIの日本版を作るべきだ,という意見があるようで,現状ではそれが一番いい方法のような気がします。

不正問題にどのように対処するかという経験の蓄積が不足しているので,いきなり法規制をするという方法だと,適切な規制方法を策定できるかわかりません(ザルになったり厳しすぎたり)。当面はORIのような組織によって不正に対処し,対処例がある程度蓄積されたところで,必要なら法規制を追加していくのが無難だという印象を受けました。

ちなみに,先日の元村さんも仰っていましたが,法規制は研究活動を萎縮させる危険があるし,特に罰則を設けるというのは,(自由な試行錯誤を要するうえ,簡単にはその評価ができきにくい)研究活動には馴染まないという意見もあるようですが,必ずしもそれには賛同できません。

研究結果が(最終的に)正しいかどうか,あるいはその研究結果の学術的な価値を判定するとなると,先端研究の場合には同分野の研究者からみても難しい場面が多いでしょうけど,データを意図的にねつ造したり,研究費を不正使用したりということの判断ですから,それほど基準が不明確になるとは思えません。

(もっとも,そのためには実験データの保管を義務付けるという前提が必要でしょうね。東大で問題となった多比良先生のところでは,そもそも実験ノートがなくなった(そのうえPCのデータも消失した)として問題になった)

公的資金を使っている以上,ほかの公的資金にかかわる事件(談合とか)との均衡上,悪質な事例については,ある程度の罰則導入も必要だと思います。
[PR]
by VNTR | 2006-05-24 12:55 | 私的記録(日記)

明日は契約法

明日,というか今朝は契約法の中間試験です。

………ぜんぜん勉強してません。なんかモチベーションがかなり落ちていて,いつまでもだらだら過ごしてます。いまだに体調がいまひとつ,という状況のせいかもしれませんけど,単なる軽い5月病かもしれません(いい歳をして 笑)。

会社法の試験で大失敗をしてしまえばよかったのかもしれませんが,ほとんど勉強しなかったくせに,(主観的には)そこそこ書けてしまったので,かえって悪かったようです。どれかの試験で,大失敗して痛い思いをするまで,ぬるま湯気分が続いてしまいそうです(ため息)。こういうときって,一番失敗しちゃまずい科目で失敗するものですよねぇ(やな予感)。



昨日の土曜は,15時頃までだらだらと自習室にいて,その後はK塾でバイト。

さらにその後,相方とひさびさに会って,新宿にてごく軽く呑みました。相方はすでに食事を済ませていたので,概ね私だけが食べて呑んでいただけですが(相方は座っていただけ 笑)。ただし,体調がいまいちなので,(私としては)非常に控えめの呑み方でした。

酒好きというか,むしろ立派なアル中なので,控えめな呑み方ってストレス溜まります(苦笑)。


今日の日曜も15時頃まで自習室。その後はKセミでバイト。夜遅くに帰宅して,風呂と夕食と洗濯を済ませてから,1時半頃に自習室へ戻ってきました。

戻って来ても,やっぱりやる気がでなくてブログ更新とかしているわけですが。いったい何のために自習室にいるのやら(やれやれ)。

Kセミは先週風邪で休講にしたので,来週は本来なら授業のない週なのですが,補講をすることになってしまいました。よく考えたら,来週ってK塾も授業のない週なので,補講を別の日にすれば超久々に仕事のない土日だったのに……。バカです。失敗しました(激しく後悔中)。まぁ,授業を進めておかないと,生徒も困りますからね,頑張ってやりましょう(とでも思わないとやってられません)。
[PR]
by VNTR | 2006-05-22 02:52 | 私的記録(日記)

元村さん講演

中間試験の時期に突入してます。

まず第1弾として,昨日の金曜日に,会社法の試験がありました。試験範囲は,設立まで。

先に試験が実施された,他クラスでは(先生は同じ),会社法下における資本三原則についての問題が出されたそうですが,私のクラスでは順当に「財産引受」についてでした。


金曜は会社法の他に,午後いちで,知財の授業だったのですけど,今週はサボりました。

サボって何をしていたかというと,工学部の学部向け授業の一環として,毎日新聞社科学環境部記者の,元村有希子さんが講演にいらしていたので,そっちに潜ってみました。

元村さんは,いわゆる新聞社の科学部記者としては,いろいろと積極的に活動されていて,そのスジ(?)ではけっこう有名人です。ちなみに,元村さんのブログはここです。

どうもブログによると,九大でも同趣旨の講演をされたようなので,私のところでの講演の中身はそれを丸ごと流用したみたい(笑)です。ブログから九大での講演の中身を引用すると,

----------
学問がタコツボ化してきた現状、日本ではさらに文系と理系に分かれていること、それには大学受験と、高校での受験対策がかなり影響していること、これからは文系と理系のシナジーが期待されていることなど、理系白書で追いかけてきたことを総括的にしゃべった。
----------

で,まさにこれでした。

学部向けということもあってか,私にとっては,内容的に「もの足りない」印象でした(私もいちおう科学雑誌の編集者だったので,素人の学部学生とまるっきり一緒じゃ困るわけですが 苦笑)。知財の講義をサボっていくほどではなかったかも……(やっぱり講義をサボるのはよくないと反省中)。

多少興味をひかれたのは,「科学者の科学離れ」という視点くらい。タコツボ化はよく指摘されますが,たしかに逆からみれば,「科学者の科学離れ」といえそうです。

進化論について語れる物理学者とか,宇宙論について知識のある生物学者とかって,最近は少数派のように思います。専門化が進んで来て,他の分野の知識を入れるのは大変になってきていることは事実ですが,それよりもむしろ他分野には「関心がない」っていう根本的な状況になってきている感じです。

科学者でさえ,他分野の科学に関心がもてなかったら,一般の人々はなおさら関心もてないでしょーね。……と思うと,なんとなく気分的に暗くなります……。


あとは,科学者の不正についての法的規制の話とか(質問してしまいました)。これって,今月号の『化学』(6月号,化学同人発行)でも特集されているので,(買ったけどまだ読んでない)そのうちに何か書くかもしれません。
[PR]
by VNTR | 2006-05-20 14:29 | 科学関連

おおむね復帰

風邪から,おおむね復帰しました。まだ咳はとまりませんが。

しっかし,このところ風邪にかかる頻度が増えているうえ,一度かかると妙に長引きます。今回も発熱してからだいたい1週間……。

日頃の不摂生ですかねー。すくなくても運動不足なのは確かです。会社員のころは,それなりに定期的に泳ぎに行ってましたが,ローに入ってからは,全然です。どっか手近なフィットネスクラブと契約しようかと思わないでもありません。


風邪でのどを痛めて声がでなくなって,仕事では生徒にだいぶ迷惑をかけました。特に,土曜のK塾のときは,ひどく聞き取りにくい声になってしまっていたうえ,熱でふらついていたので,おそろしくろくでもない講義だったかと思います。

日曜のKセミは,前日に無理にのどを使ったのが響いたのか,まったく完全に声が出なくなってしまったので,やむなく休講にしました。熱も40℃弱ありましたしね。休んで正解でしょう。月曜のSセミは幸いにして校内試験でもともと休講日。おかげで日曜日〜火曜日までの2日間,完全に寝込めて助かりました。ローも当然欠席です。


昨日の水曜までローは休んで,水曜はK塾の講義だけやりました。調子が悪い講義だったような気がしますが,体調のせいなのか,もともと講義が「セコ」なのか……。
[PR]
by VNTR | 2006-05-18 13:20 | 私的記録(日記)

あいかわらず

風邪っぴきです。

熱もそーなんですが,喉もやられてきたので,毎日のよーに講義をしなければならない身としては,そっちのほうが問題です。


昨日の金曜は,知財と会社法。

今週は現行試験(最近は旧試験っていう場合が増えてきましたね)の試験日が近づいてきたためか,欠席者の多い週でした。現行試験を受験するひとがけっこういるってことです。特に知財はガラガラ………。


個人的には新司法試験の選択は労働法の予定なのですが,知財はけっこう面白いです。編集者だったくせに,こーも著作権に無知でよかったのか? と思うことしばしば。



金曜の夜はKセミで授業。高2,3の混合クラスですが,とにかく高2がものすごくできません……(鬱)。非常に基礎的な内容の,確認テストを実施してみたのですが,結果は一部の学生を除いて惨憺たるもの……。


法科大学院生なら勝手に反省して勉強するんでしょーけど(笑),普通の高校生にそういう殊勝な態度は期待できないので,なんか考えなくちゃだめですねぇ。



ローの先生も大変なんでしょうけど(以下参照 笑),基本的にローの学生は放置しておいても勉強するわけで,そういう意味では(以下略)。

大学教員が専門職大学院での研究教育活動を語るスレ 2


そーいえば,金沢大学では,「ノートのとりかた」から教える授業をやるそーです。大変ですね。でも,必要性もわかるような気がします。

生活の基礎必修科目に(読売)

以下引用

金沢大は2006年度から、ノートの取り方からゴミ出しの方法、薬物乱用や悪徳商法への注意などの指導を授業として行う「大学・社会生活論」を全新入生の必修科目(1単位)として設ける。(中略)ノートの取り方などは、大学入学までに身につけているのが当たり前と思われるが、同大によると、板書した内容以外をノートに取れない学生や、配布した資料をなくしてしまう学生が増えており、大学で学ぶ基礎づくりをする必要があるという。





……あ,そーいや先日もローで配布された資料をなくして同期にコピーさせてもらった気が………。私もこの講義,受けたほうがいいかもしれません。orz
[PR]
by VNTR | 2006-05-13 14:09 | 私的記録(日記)

風邪

昨日の夜から調子がいまいちだなぁ……と思っていたのですが,やっぱり風邪引きました。

朝は37℃ちょいでしたが,夕方に再度はかったら39℃ちょい……orz

どーりで今日は授業中に座っているのがしんどかったわけです(納得)。


ほんとは体調悪い時は,休んだ方がいいんですよね。教室とか自習室とかで他のひとにうつしてしまう危険があるから。自分も休んだほうがらくだし。


でも,私の通っている法科大学院の場合,欠席制限があって,1つの講義につき3回以上欠席すると単位取得ができないことになっています。

5月後半と6月はまったく祝日がないことなどを考えると,仕事の関係やらなにやらでどーしても休まなければならないことが発生する可能性がありますし,欠席可能回数はできるだけ温存しておきたいところです(いまのところは全講義皆勤です)。

……ということで,(周囲の迷惑かえりみず)むりやり自習室にいます。ごめんなさい。

今現在は,バファリン倍量飲みと,夕方ちょっと部屋に引き揚げて1時間くらい寝たのが効いたようで,昼間よりもだいぶ楽な感じです。

今日は幸い仕事のない日でした。でも明日からは土日含めて月曜まで連日仕事入ってます。軽くすんで,早く治ってくれるといいのですが………(寝てる余裕がなくて明日の会社法の予習とかやってるわけで,早く治りそうな予感はぜんぜんありませんけどねー)。


ちょっとさすがにいろいろと無理があるんじゃないかという気がしないでもない気が。

Kセミの仕事をどっちか断れないか検討中。あそこはけっこう途中で講師が変わったりすることがあるみたいなので(いーかげんな予備校なんです),変わってもらっちゃだめだろーか。
[PR]
by VNTR | 2006-05-11 22:33 | 私的記録(日記)

どうもやる気が

やる気がでないので,とりあえず資料整理などしていたりします。

しかし,夜中の2時半過ぎに,わざわざ自習室でやることじゃないような気が……。だいたい明日の予習がまだだったりするわけで。そのために自習室にいるわけですが。

……といいつつ,ブログを更新してみたり。orz


水曜の大学院は,民訴,労働法,民事実務基礎の3コマ。

労働法はあいかわらず半分雑談のようなペースで激しくぬるーい展開。そこで,雑談っぽい話になったら隠れて仕事の準備してました(笑)。最後は時間より10分以上早く講義終了。延長する講義こそあれ,早く終わるなんてのはあまりない……。学部の講義じゃないので,早く終わるのを喜ぶやつはいないと思うのですが。

今日の民事実務基礎の先生(弁護士)は好きな先生なので楽しく過ごした。


夜はK塾で仕事。この曜日の校舎は大学院から近い校舎なので助かってます。レベル設定が高めのクラスだということもあって,開講時からかなり少人数態勢でやってきたのですが,少しずつ人数が増えてきました。逃がさないようにしなければ(笑)。


今日の昼飯は,めずらしく同期と学外に出て,近所のインドカレー屋へ。ちゃんとインド人が調理した本格カレーはひさびさ。大変美味しかったっす。

夜はK塾校舎近くのステーキ屋。値段は一人前(以上)だったが,味は半人前だった……。もう行きません。

太りそうだ……。
[PR]
by VNTR | 2006-05-11 02:44 | 私的記録(日記)

ホイホイ

昨日の月曜は,契約法と刑訴。夜は某所で予備校講師として稼働。

深夜に帰宅してから,再度ローの自習室に行くつもりだったのだけど,疲れていて断念。明日の朝早く行けばいいや,とヒヨッテしまう。


翌日の火曜の朝……しっかり寝過ごして,むしろ普段より遅い時間に自習室へ。なんてこったい……。結局,月曜の夜はサボっただけに終わってしまった……。やっぱり「翌朝」っていうのは信用できない……。寝る前にやっつけるに限ります。


火曜は数少ない仕事のない日。物権法と刑法(総論)を受講して,一旦帰宅してから,再度自習室に登場し,現在に至ってます。


自習室と言えば,同期に指摘されて気づいたのだけど,ローの自習室に突如,ゴキブリホイホイが複数設置されています………。誰かが買って来たのだろうけど,わざわざ買って来たということは,当然,ゴキブリを目撃したってことなんでしょうね……。非常に苦手なので憂鬱です。
[PR]
by VNTR | 2006-05-10 02:45 | 私的記録(日記)

平常運行

昨日のK塾の授業は,連休中だというのに欠席もほとんどなし。みんな真面目ですね。自分が高校生だったら,連休中の予備校の授業なんぞ行きませんが(w)。


書いて大丈夫かどうかわからんですが,土曜の授業の受講生に,毎回毎回大学入試範囲でないことを質問に来る生徒がいるんですよ。超有名進学校の子なので,おそらく学校の授業でも高校レベルを超えたことを習っているのだと思われ。

持ち込まれる質問には即答できないものもけっこうあって,多少(かなり)困惑気味。

そりゃ,こちとらは大学受験予備校の講師ですから,入試範囲でわからんことならいくらでも付き合いますし,もし即答できないようなものがあれば,徹底的にお調べしましょう。そりゃ当然の職責ですので。

しかし,その………,毎回毎回講義のたびに,量子化学かなんかのテキストひっくり返して(学部時代に習った記憶のない 笑)ことまで長い時間かけて調べなきゃならんのか……。

教育的観点からすれば,生徒の積極性を評価すべきであって,こちらが調べものをおっくうがるなんてもってのほかなんでしょーけど(それは重々承知しております)。

しっかし,実際問題としてローの予習やら復習やらで,極限まで睡眠時間削ってる当方としては,「通常の講義準備」(レジュメ切ったりするので,これだけだって相応の時間を費やしてます)に加えて,そういうイレギュラーな対応をするのは,明らかに物理的に非常な困難を感じるんですが………。

つーか,無理です(きっぱり)。これ以上睡眠時間削ったら死ぬから。


はー(ためいき)。受験レベルでないことは,自分で調べようっていったらだめかなぁ(もっとも,調べたあげくに再度(さらに面倒になった)疑問点を持ち込まれる可能性は避けられないわけだが 苦笑)。アンケート評価で縛られているので,あまりすげない対応も難しいしねぇ。
[PR]
by VNTR | 2006-05-07 13:16 | 私的記録(日記)

あっという間に

GWも終わりですね……って,よく考えたら3日までは普通に仕事もあったわけで,4,5日の2日間しか休みはなかったということのようです……。

ちなみに,6日はK塾,7日はK学院にて平常どおりお仕事です。


いろいろ家でやろうと思って,重たい荷物を持ち帰ってきたのですが,結局のところ全くの無駄でした……。

最優先課題だった,某予備校発注の全国模試作問すら完成していません。よって,持ち帰った荷物は全く開かれることもないまま,再びローの自習室に運び込まれることになりそうです。

むなしい……。



ところで,先日「神戸大教授、実験データを捏造 特許出願取り下げ」という記事が出ていました。この記事だけ読むと,最近多い業績捏造事件か……という感想しか抱かないのですが,これに関連して

「学術論文」と「特許」の間に流れる深くて暗い河

という記事を読むと,若干様相が変わってきます。ちょっと引用すると


膨大な特許申請が「きちんと検証された後に書かれたものだ」と信じている人はおそらくいないと思います。少なくとも、「特許に多少なりとも関わったことがある人たち」であれば「そんなことを信じている人はほとんどいない」と言って良いと思います。「学術論文」と「特許」は少なくとも現状は全く違う、のです。


要するに,”特許の場合には未検証の状態で申請するのが「常識」らしい”ということです。上記サイトのコメント欄や,ネットで多少他のサイトを読んだ限りでは,この点について同意している人たちが多いようなので,どうやら特許というのはそういうもののようですね……。無知なことに,まったく知りませんでした。


この神大の先生に関しては,上記サイト(およびそのコメント欄)にいろいろ書かれているので,とくにそれ以上のコメントはありません。

ただちょっと思ったのは,先日,知財の講義の関係で聴いた,FK506の発明者確認訴訟の場合,特許が学術論文とは別ものだと考えるべき面があるとすれば,少し訴えの筋に影響してくるような気がします。

このへん,次の知財の講義のときに,先生に訊いてみたいです。
[PR]
by VNTR | 2006-05-06 05:09 | 私的記録(日記)