30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

しばらく

投稿が滞ってましたが,また投稿ペースを復帰させたいと思います。
[PR]
by VNTR | 2006-04-30 17:15 | 私的記録(日記)

あいかわらず

新年度がはじまって,3週目も後半ですが,だんだんに慣れてきたようです。

1週目は,まだ仕事がはじまっていなかったので,ローに専念していたのにもかかわらず,予習だけで非常にきつい印象でした。

しかし,3週目も後半になってくると,仕事が本格始動しているため夜の時間はほとんど仕事にとられてしまうようになったにもかかわらず,いまのところ予習が(いつも完璧とはほど遠いですが)間に合わないということはありません。やっぱり,少し慣れてきたのでしょうね。

ただ,やっぱり少し残念なのは,講義終了後にすぐ仕事へ出かけてしまうため,予習を共同でやったりといった行動にほとんど加われず,必然的に新しく入って来た既習者のひとたちとは,いまだにまったく接点がないというところでしょうか。ま,あれもこれもとはいきませんから,しかたありませんやね。


ただ,やっぱり若干というか,かなり仕事のほうにしわ寄せがきています。予備校での講義という仕事の場合,準備をいくらやっても完璧にはいかない反面,手をぬけば相当程度まで手を抜くことができる,という性質をもっています。

もっとも,手を抜けばそれなりにどアンケート等に響いてくるのだとは思いますが。いまのところ,昨年度よりもかなり劣化した講義をやってる気がしてなりません。とくに配布資料(レジュメ)の更新をする時間がとれないので,手持ちのものを適当に組み合わせて配布している状態で,これはやっぱり良くないだろうと思います。

ま,まだまだしんどい状態は続いているわけですが。
[PR]
by VNTR | 2006-04-20 02:23 | 私的記録(日記)

週末?

今年度は仕事を少し減らしたかったのですが,結局なんだかんだと,去年と同じ程度に入ってしまいました。

おかげで,新学期オリエンテーションの際の懇親会にも顔を出せず。次の金曜あたりに,2年全体で呑み会(顔合わせ)をやるようなのですが,それも出席できません。

そういった催しに不参加を続けていると,今年から既習者として入って来た人たちと,まったくコミュニケーションがとれないのです。同じクラスで講義を受けているにもかかわらず,既習者のひとは名前すらわかりません(苦笑)。

もともと積極的に人付き合いを広げて行くタイプではないのですが,せっかく同期なので,もうちょっとなんとかしたいのですが。


あいかわらず時間が不足してます。
[PR]
by VNTR | 2006-04-17 03:23 | 私的記録(日記)

格段に

2年生になってから,1年生のときよりも,格段に自習室にいる時間が延びてます。

1年生のときも暇ではなかったわけですが,1年生のときの定期試験直前時期の生活が,ごく普通の日常になったという感じです(苦笑)。

基礎力が不足(というか欠如)しているので,予習にえらい時間がかかるためです。


しかし,いそがしいといっても,望んでこういう生活を送っているわけで,別にとりたててイヤだという感じはありません。むしろ,無駄がそぎ落とされて,落ち着いたという感じかも。私的な用事をちっとも処理できないのには少し困ってますが。

今週までは,仕事が半分しか動いてませんが,来週から総ての仕事が動き出すため,果たしてどの程度まで現時点の勉強量を維持できるか,かなり疑問です。

しかし,勉強量を維持できなければ,ほぼ間違いなく落ちて行くわけで,まさに水戸黄門の主題歌のような状況になっています(笑)。

ま,淡々と可能な限り処理して行くしかないですね。


ああ人生に涙あり(「水戸黄門」主題歌)の2番

人生勇気が 必要だ くじけりゃ誰かが 先に行く あとから来たのに 追い越され 泣くのがいやなら さあ歩け
[PR]
by VNTR | 2006-04-13 03:05 | 私的記録(日記)

やっぱり

やっぱりというか何というか,既習者とはかなり力の差があるなぁ……ということを感じていたりします。

いまのところ判明している範囲では,特に民訴。まぁ,未修からの進級者のなかでも民訴に関しては断然に孤高のダメっぷりを発揮しているので,当然といえば当然なわけですが。真剣にやばいです。

具体的な訴訟事例を使って要件事実論を学習しようとかいう科目があったりするのですが,要件事実論以前に,訴訟手続がまったく把握されてなかったりします。

しっかし,民訴にテコ入れしたくても,いまのところ翌日の予習すら満足に間に合わないという悲惨な状況(笑)だったりするわけで,なかなか独自に勉強進めるのは,講義全般のペースがつかめてくるまで(要するに手を抜いてもイケル,という講義が判明するまで 笑),難しいかもしれません。


そういえば,いまふと思って愕然としたのですが,なんかローに入ってから,入る前にもまして,一段と物事を考えなくなっているよーな気もします。

予習だ課題だ試験だ仕事だ(飲酒だ)と,目先の業務をとりあえず処理しているだけで,(別に法律がらみでなくても)物事について自分の見方でじっくり考えてみたりする,という機会がほとんどなくなっています。

時間配分とか,いろいろ見直したほうがいいかもしれません。
[PR]
by VNTR | 2006-04-06 02:16 | 法科大学院関連

置き場所がない……

新年度なので,当然教科書類も新しいものを購入したり配布されたりしています。購入のための代金も痛いのですが……


そもそも置き場所がありません。 orz


ロッカーも棚もすでに旧年度の段階で一杯でした。新しく増えた分をどのように収容したらよいか頭のいたいところです。

前期の間使わなそうなもの(商取引法とか手形小切手関連とか刑法各論とか家族法とか)を実家に持ち帰らねば……(重い)。宅急便にしようかなぁ。

や,それ以前に,勉強と関係のない本を持って帰るのが先かも。マンガとかマンガとか雑誌とか(笑)。
[PR]
by VNTR | 2006-04-05 01:49 | 法科大学院関連

スタート

本日より新年度の講義が本格スタートです。

予習(課題)が出来てません。
[PR]
by VNTR | 2006-04-03 09:13 | 私的記録(日記)