30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ピサロ,フェルメール,ハンマースホイ

ようやく美術展にいく時間がとれるようになってきました。


ピサロ展@大丸ミュージアム

b0028244_10545467.jpg

チュイルリーの庭園、雨天


フェルメール展@東京都美術館

b0028244_10581237.jpg

ワイングラスを持つ女


ヴィルヘルム・ハンマースホイ展@国立西洋美術館

b0028244_1059468.jpg

背を向けた若い女性のいる室内



いずれも素晴らしい展示でした。

フェルメール展は,混雑してましたが,混雑を見越して(だと思います)出展数を少なめに抑えて絵と絵の間隔を広くとることで,混雑していても比較的観やすいように工夫された展示になっていました。解説も充実していて,展示方法についてなかなかよく考えられると思いました。


ハンマースホイは初めてみましたが,わりに好みの絵だと感じました。人のいない室内を描いたりする構図の選択や,絵から「静寂」を感じ取れるという評判から,エドワード・ホッパーと似ているのかとも思ったのですが,実際に見るとだいぶ印象が違います。

日本でハンマースホイをもっている美術館はないと聞いたので,今後は当分観られないのかと残念に思っていたのですが,西洋美術館が1点購入したとの話を知人から耳にしました。常設展でみられるようになるかもしれません。楽しみです。


ピサロは何もいうことがありません。印象派はやっぱり落ち着きます。絵をみていろいろと考えさせられるのも楽しいですが,ピサロのようにただひたすら美しさに浸れる絵はいいです。
[PR]
by VNTR | 2008-10-31 11:22 | 私的記録(日記)