30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プールその2

また泳いできました。

前回の失敗(筋肉痛)に懲りて,今度はゆるめに1.2キロほど(プール日記か?)。

それにしても身体能力の衰えを感じます。がっかりです。しばらく泳ぎ続けることにして,多少なりとも改善を目指す予定です。

……もっとも,プール(+スパ)の後にBARへ行って呑んだあげくに,ラーメン屋を経由して深夜に帰宅しているようでは,健康の増進は望めないような気もします(気がするだけではなかろう)。しかも帰宅してからも普段通りに呑んだし。


まったく話がかわります。

こちらのかたが,「学校にいる自分と職場にいる自分の役割が正反対なので、頭ではわかっているのに身体がついていかず、学校で極力「せんせのような口を叩かない」ことを心がけるあまり、ついには言葉がでなくなったこともありました。」と書かれていますが,激しく同感です。

そっか,自分だけではなかった,と思って安心しました。

あ,それだけです。オチはありません。


仕事(うれない予備校講師)といえば,例年いるのですが,今年もついに来ましたよ。

「いままで何にもやってないのですが,いまからで何とかなりますか?」

この「何もやってない」が日本人的謙譲の美徳の表出であるならばまったく問題ないのですが,圧倒的高確率においてそんなこたーありません。まさしく字義通りに「ゼロ」なのでございます。

参考書,問題集 → もってません
過去問 → みたことありません
授業 → やすんでました(たまに出ていた)
模試 → 1度も受けてません

「来年もう一度受験するしかねーだろ」と即断しそうになりますが,こちらは客商売なのでそんなことはもちろんいえません。内心を押し隠して,いろいろ現状を問いただしたうえで,にこやかに善後策を授けるわけです。あー,イライラする(苦笑)。

3月だの4月だのから,延々と授業をやってきたあげくに,この台詞。ホント脱力します。

しかし,最近はこういう生徒が,なぜかちゃんとどっかの大学に入学できてしまうんですよね。大学の先生もつくづく大変ですね。
[PR]
by VNTR | 2006-10-18 22:12 | 私的記録(日記)