30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

上松美香MAXIMA

火曜は、本来なら1限に法哲学の講義があります。

本来なら……というのは、実はこのところぜんぜん行ってないからです(苦笑)。だって、講義の内容がまるですっかりわからんちんで、行っても寝るだけですから……。

まぁ、そのうちに生命倫理っぽいやつを扱う予定らしいので、そうなったら出席する予定です。

もっとも、出席している同期の話では、先生には

来ない人(泣)

として認識されているらしいので、部分的に出席してテストを受けても、はたして単位がくるのかどーかはなはだ疑問です……。まぁ、必修科目ではないので、興味のあるところだけ聴いて、それで面白ければ個人的には十分だと思っていますが。

というわけで、火曜は現時点では憲法と裁判法の2コマだけになっています。

今日の裁判法では、講義の最後に判例評釈の雑誌別の傾向について先生が語っていました。

はっきりいって、法律系の論文誌というものがまるでわかっていません。今日、先生が持ち込んできていた雑誌のなかでも、はじめて名前を聞くものがけっこうありました。「法学協会雑誌」とか……(東大の紀要らしい)。まぁ、「法曹時報」ですらローに入学する前は知らなかったのですから、しかたないですかね。

そういえば! 理系でも紀要ってあるのですかね……(あまりきいたことないような気がしますが……)。だから、紀要っていわれてもぜんぜんピンとこないのですけど、あれって査読のある論文誌なのですか? それとも法学の場合、査読ってないのかなぁ……。まぁ、査読無くても、いろいろ有形無形のプレッシャがあって、研究者の名誉として変な論文は書けないっていう感じはあるらしいことがなんとなく感じられますけど。

あと、法学系でもインパクトファクターとか算出していたりするのでしょうか?? などとどうでもいいことが妙に気になったりします。

b0028244_0574194.jpg先日、上松美香のCD『MAXIMA』を買いました。

上松美香はアルパ奏者です。アルパっていうのは、中南米系のハーブのことをいうらしい。アルパの演奏ってはじめて聴きました。音楽耳をもっていないので怪しげな感想ですが、ちょっとチェンバロみたいな感じの音かもしれません。おもしろい音です。

このCDは上松美香のベスト版なので、収録曲は脈絡無くいろいろ雑多です。コーヒールンバ(滝廉太郎)、アルハンブラの思い出ニューシネマパラダイスなどなど。

なかなか面白かったので、他のアルバムも買うかもしれません。

……ただ、なんでこうジャケットとか、アイドルっぽい売り方をするのでしょうか(特に店頭でみかけた上松美香の最新版のCDはアイドルっぽい)。クラシックって、若い女性演奏者だとすぐそういう感じになりませんか? なんか個人的にはそういうスタイルで売られると、かえってひいてしまうのですけど……。
[PR]
by VNTR | 2005-06-14 23:59 | 私的記録(日記)