30台の弁護士の日記です。会社勤めをした後,法科大学院を経由して,なんとか弁護士になりました。チラシの裏(=ごく私的な備忘用)なので,有益な記事はありませんのであしからず。


by VNTR
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

日本の美術館名品展

ふたつ下のエントリで書いていた,東京都美術館の話を忘れないうちに。

瀧村さんのリサイタルの後,日本の美術館名品展に行ってきました。

「全国の公立美術館100館が参加し、その膨大なコレクションの頂点をなす、選りすぐりの名品を一堂に公開します。公立美術館のネットワーク組織、美術館連絡協議会の創立25周年を記念して開催するもので、教科書に載っている作品から、これまで美術館を出たことがない作品まで、西洋絵画50点、日本近・現代洋画70点、日本画50点、版画・彫刻50点の220点により、日本のコレクションのひとつの到達点をお見せします。」

っていう,かなりお得な企画展です。出展数が多いので,図録が厚くて重くて……。


まず出展リストをみて,日本には,美術館ってたくさんあるんだなぁ,というのが素朴な感想。

以前に行った美術館で見た記憶のあるものも結構出ていて,非常に懐かしく観ました。これを観た時は,若かったなぁ……とか(遠い目)。


出展作品の隣に,その作品の貸出元の美術館からのコメントがそれぞれついてました。

コメントは,淡々と作品の解説がしてあるもの,購入の経緯や予算(笑)が書いてあるもの,「うちの美術館の看板娘です!!」的な愛情あふれる推薦文が書いてあるものなど,美術館ごとの違いがあってなかなか面白かったです。コメントを読んで,ぜひ行ってみたくなった美術館もいくつかありました。

これ,25周年なんていわず,ぜひ毎年継続してやってほしい企画です。無理ですかね?

ジャン=フランソワ・ミレー『ポーリーヌ・V・オノの肖像』(山梨県立美術館)。ミレーの最初の妻だそうです。モナリザと同じポーズですね。

b0028244_10231659.jpg



高島野十郎『蠟燭』(福島県立美術館)。

b0028244_10331232.jpg

[PR]
by VNTR | 2009-07-12 10:34 | 私的記録(日記)